旅のパーツを集めよう

- 旅のパーツを集めよう

鎌倉の雪まつり

旅のパーツを集めよう

格安航空券のおかげで、世界中どこでも簡単に行ける世の中になりました。熱海が新婚旅行のメッカだったのは昔の話。
今は海外でも簡単に行けるようになりましたが、言葉や文化の壁を感じ躊躇する人も多いのではないでしょうか。
その点、方言こそあれど国内であれば言葉も通じ、医療面などもしっかりしているため心配が最小限で済みます。
特に小さな子供連れの旅行は不安がつきもの。そんな時にこそまだ見ぬ国内の魅力を探しにいきたいですね。

旅行のテーマを決めてみる

国内と一口にいっても様々な魅力や目的があります。
新鮮な魚介が目当てであれば北海道が浮かびますし、綺麗な海で泳ぎたいのであれば周辺諸国の中でも沖縄は高レベルです。
また、伊勢神宮や出雲大社といった有名な寺社仏閣は日本人であれば一度は訪れたいものですし、USJなどのテーマパークも外せません。
いずれにしても、何を自分が求めているのか、同行者と話合うことで旅のテーマが決まれば動き出したも同然です。

旅のパーツを集めよう

何をするのかを決めたのであれば、まずははじめに移動手段ではないでしょうか。
格安航空券のサイトを開き、仮でも良いので料金を検索してみましょう。自分の休みと料金が折り合うところで航空券をひとまず抑えたのであれば、次は宿泊先です。
この時に、キャンセルの利かない格安航空券を抑えてしまった場合、宿が取れずキャンセルをしたくとも航空券のキャンセル料がかかってしまうというケースに見舞われる人がいます。
なるべくであれば、航空券は料金のかからない範囲内で抑えて、全てのパーツが集まってから支払いに移りたいものですね。
飛行機が取れたのであれば、次はホテル。目的地に近いホテルであったり、駅などの周辺にすれば短い間でも効率よくめぐることができますし、便利です。
一方、レンタカーなどを現地で借りて移動手段に問題がないのであれば、少し中心地から遠ざかるところで宿を抑えたら値段もぐっと抑えられるかもしれませんね。

下調べも旅のうち

航空券とホテルが手配できたのであれば、旅の準備はほぼほぼオーケーといえますが、送迎やレンタカーなどといった交通手段が確保できないと現地で困ったということになります。
現地に到着してからホテルにチェックインするまでの手はずを頭の中でシュミレーションしましょう。
不確かな部分はホテル側に連絡をして、無料送迎がないかなど確認しても良いでしょう。
巡回バスなどの場合一時間に数本しかないなどといった条件もありますので、行き当たりばったりは危険です。
入念な下調べが素敵な旅を作るということを意識しておきたいものです。

  ← 前の記事: